ブックオフでも値切れました。

売れる商品が見つけられない!

誰しもこの経験は通り道なのですが、一番簡単な方法はパワーセラーの出品している商品を参考にすることです。

 

僕の場合Amazonで評価の数が多く、96%以上の高評価をキープしているような出品者を見るようにしています。明らかな業者は除きますね。

するとその出品者が扱っている商品が出てくるので、現場でそれらの商品を見つけるにあたってコレは結構有効です。

 

もちろん仕入先もわからないし仕入価格もわからないのですが、魔法を使っているわけではないのである程度の目星は付けられますよね。新品なら特に。

実店舗なのか電脳なのか、ワゴンなのかセールなのか、色んな可能性を考えて掘り下げていくんですね。

 

仕入先でリサーチしていると、頻繁に目にする出品者がいたりするハズです。

そういう出品者は自分と扱うカテゴリが似ている可能性が高いので、恐縮ですがヒントを頂戴しちゃいましょう(^^)v

時間があれば、どういったモノレートの波形のモノを仕入れているのかも分析してみるのも良いですね。

こんなの仕入対象にしてなかったわー。という気付きがきっとありますよ。

 

そして店舗でリサーチする際に重要なのが、価格交渉。

誰しもすべて定価で買っているとは絶対に思わないで下さい。

 

交渉しやすいイメージのある家電量販店なんかはもちろん。

店員さんによって違いがあるケースが多いので、僕は要望が通らなかった場合、同じお店でも3人に交渉するようにしています。

1人ダメだったからと諦めない方が得ですよ(^^)v

言い方は悪いですが、単にやる気のない店員だったということも十分にあり得ます。

 

アパレルの大手に勤務していたのでわかりますが、仕事に対するモチベーションはスタッフによって本当に差が出るんですよね。僕が勤めていたお店は20人ほどスタッフがいて、施設のトップ5には入るようなブランドでしたが、そういう職場でもやる気がない店員は少なくないです。

 

なのでダメ元でも、価格交渉にはチャレンジしてみて下さい。

お店側も本当は沢山買ってほしいので、意外とすんなり通る時が多いですよ(^^)v

 

僕も沢山失敗しますがコツとしては、お互いにとってメリットのある形を探ること。

一方的な要求、高圧的な態度は論外ですね。

そして1点だけだから値引き出来ない、ということもないです。

 

先入観を外して、交渉を楽しんでみて下さい。

仕入中で唯一ヒトとじっくり話せる機会ですので。笑

 

余談ですがブックオフでも値引き交渉できますよ。

付属品の有無、キズの見落としなどお店によって全然違います。

秋葉原のブックオフなんかは神がかってますね。

他のお店だと平気な顔で売っている細かなキズでも、200円引きにしてくれたりして最初は衝撃的でした。

 

付属品は帯くらいでは難しいですが、ブックレットや初回特典が抜けていることは多々あるのでコレもダメ元で言ってみると良いです(^^)v

200円の利益を作るのって簡単じゃないですからね、交渉は大事です。

 

言い方だけ間違えなければイヤな顔はされない(店員さんにもよります笑)ので、是非トライしてみて下さい!

 

 

PS.先日85,000円の商品をブックオフで買おうとしたのですが、ちょっと高いなーと思って躊躇しました。これもうちょっと安くならないですかねー70,000円なら頂きたいんですが!と言ってみたら、70,000円は難しいですが…(^^;と5,000円引いてくれました。言ってみるもんだ。笑

 

 

なをや@交渉出来ると仕入の幅が全然違う。仕入スキルの1つに認定。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る